リウマチを治す会 » 脊柱管狭窄症の運動について

脊柱管狭窄症の運動について

脊柱管狭窄症になった状態で運動を続けると、腰や足がしびれを出すことがあります。休憩をすることで収まりますが、その後に運動すると再度しびれや痛みが出てくることがあるでしょう。その場合必ず医師に相談してください。

腰や足にしびれを出すような症状が出てきたら、脊柱管狭窄症の場合があります。比較的軽い症状の場合は良いですが、重い状態では、下手に体操などをすると体の機能を著しく痛めることになるので、注意してください。

場合によっては足や腰が動かないといったことにもなりかねません。故にしっかりと注意してくださいね。ちなみに軽い場合は、ストレッチを念入りにしたり、少し量を減らしたりすると良い場合があります。あくまでも、症状を緩和するために、キツ過ぎない程度で動きましょう。

自分は日ごろから体を動かしているから脊柱管狭窄症とは無縁であると考えている人、それは間違えです。やり方にもよりますが、動かしていても発症してしまうことがあるでしょう。

骨の老化現象でもなってしまうケースが多くあるので、体を動かしていても脊柱管狭窄症になることがあります。だから、慢心しないようにしてくださいね。

基本的に、体を動かすこと自体は良いことです。ですが、体に変な負荷やバランスの悪いやり方をすると脊柱管狭窄症になる恐れがあります。

また気が付かない内に骨の老化が進行していることもあるので、注意してください。これらをしっかりとするためにも、後にはしっかりとストレッチをしてくださいね。

このストレッチが今までの運動を活かす形になります。もちろん、このストレッチもバランスよくしてくださいね。

これを毎日必ずすると脊柱管狭窄症になりにくい体になるでしょう。ただし、あくまでもなりにくいなので、注意してください。また、やりすぎると逆効果になることもあるので、適度にしていきましょうね。