リウマチを治す会 » 外壁塗装と栃木県

外壁塗装と栃木県

栃木県で外壁塗装を請け負う業者はかなりたくさんあります。町の小さなペンキ屋さん風の業者から、公共設備の外壁塗装も請け負うタイプまでさまざまですが、外壁塗装業者を選ぶポイントはやはりその腕です。

業者の規模が大きいからといって、外壁塗装がそれだけ長持ちするとは決して言えませんし、もちろん手抜きをしないとも限りません。

小さな外壁塗装屋さんのメリットとしては、カスタマーと直接施工を進めることができる点がまず1つのポイントです。

大手の外壁塗装メーカ等と比べたら、やはり余分なコストも減らして見積もりをしてくれますし、手抜きをするかどうかも比較的チェックしやすいと言えます。

小さいながらも、自信のある職人がいて、塗装の仕上がりも満足のいくものであれば、かなり理想の結果に繋がると言えます。

施工する前には、かならず打ち合わせをしなければなりません。また、この打ち合わせで料金を取るような業者は危険です。

いくら時間が長くかかったからといって、打ち合わせは外壁塗装することを前提にしていますので、自信のある業者であれば、料金をとるようなことはまずありません。

施工予定の現場をしっかりと視察して、現状確認をし、カスタマーの予算や希望を詳細に把握して、最適なプランを提案しなければなりません。

また見積もりも大きなポイントです。もちろん見積もりは無料ですが、無料だからといって手抜きのある見積もりは最低限で却下しなければならないポイントと言えます。

現地を視察して要望を把握したら、その内容から長年の経験を使って最適な見積もりを出さなければなりません。特殊な外壁塗装もありますが、しっかりと追加見積もりを作成することが必要です。

実際に契約になれば、契約書の交付と開始時期の決定をし、工事はスタートします。また外壁塗装が終わり、足場を解体して不要なものを片付けたら、後はカスタマーのリアクションを待つ、つまりアフターケアをします。

アフター保証は5年は必要です。長いつきあいが出来る業者であることも、最低限の条件と言えます。