リウマチを治す会 » ブロック注射と手術

ブロック注射と手術

薬物療法やリハビリ療法、理学療法や物理療法などでも改善しないという場合は、ブロック注射を用いるケースが多くなりますが、症状がそれでも改善されないというケースは少なくありません。

またこの場合は残念ですが手術を検討する場合が多くなります。手術とは患部を直接操作する療法です、また体力が低下してしまったり、筋力も低下しますし、費用もかなり違ってきますので、これらの問題にまず向き合って正しい解答を導かなければなりません。

例えばヘルニアの場合も下肢の症状が出たり、排尿障害や排便障害にまで至ると、ブロック注射だけではなかなか治癒できません。

ヘルニアは末期になるとかなり重い症状が出ますので、そこまでほうっておくのはかなりしんどい状況であったと云えますが、仕事から離れることができなかった、というケースは多くあります。しかしそこまでなるのも不思議なものではあります。

ブロック注射で痛みを軽減し、また自然治癒の力を引き出すこともトライした、という方もいらっしゃいますが、やはり身体に無理をかけてしまうのは、治療方法としては失格です。

またもちろん施術場所選びにも難点があったのかもしれません。硬膜外ブロックや神経根ブロック、あるいはステロイド注射などを用いても改善できなかった、という事実の裏には、施術方法に大きなミスが存在していることも十分に考えられます。

また医師との十分なコミュニケーションが取れていたかどうか、という点についても心配されます。いわゆるインフォームドコンセントは、手術をする前の段階でもできるだけ確保しておくことが望まれます。

医師のアドバイスを聞いた後で、セカンドオピニオンを求めることも多く行われています。ブロック注射は患部の痛みが大きく、我慢できないような場合に特に有効と言われていますが、痛みが大きくなる場合でも、正しい処置を行ってきたのであれば、ブロック注射の有効性もかなり高くなる、と考えることが可能です。

頚椎ヘルニアをブロック注射や手術をせずに治す