リウマチを治す会 » 防音対策のリフォーム

防音対策のリフォーム

防音対策は以外に多くの人がやるリフォームです。マンションなどで下の階や上の階の人に迷惑にならないようにするために防音対策をする人がいます。

生活音で騒音と判断される場合もあるので対策をすることは悪いことではありません。楽器などを使う人にとって、防音対策は必須対策です。

これが無いと普通に周りに音が散らばり近所迷惑になります。特にマンションなどは壁と天井が隣接しているので音が通りやすく普通に楽器をする環境ではあいりません。楽器だけではありません。

何気ないテレビの音やパソコンなどの音でも騒音を感じる人もいます。そこで防音対策のリフォームがります。

音の響きを遮断するには壁や床、天井に遮音性のある素材を使うことでかなり軽減することができます。業者に頼めば遮音性があるものと取り替えることができます。

しかし遮音性の高い素材は面密度と質量があり重いです。そうなると部屋の耐久性が下がります。そこで壁を二重にして間に音を遮断する素材を挟むことで重さがない状態で防音対策をすることができます。

しかしこの場合壁が二重になるので多少壁が厚くなります。部屋の中には他にも窓やドアなどの隙間から音が漏れます。特に換気扇やダクト、コンセントの穴などから音が漏れます。

これら隙間から漏れると他の防音対策が意味をなしません。そのような隙間は無いように調査が必要です。防音対策が業者を使わないで対策することができます。

よく聞くのが卵のパックでやる方法です。しかし卵パックには防音作用はありません。あるのは吸音することができます。吸音は音の跳ね返る音を抑えるものです。

だから大きな音を出したら普通に聞こえます。そして低音は特に響くので注意してください。比較的効果がある方法は遮音マットと遮音材の発泡スチロールをサンドするとできます。

隙間などは無いようにするところがポイントです。他に迷惑にならないための防音対策はとても良いことです。