リウマチを治す会 » 整体とO脚

整体とO脚

O脚とは、いわゆる足が蟹股になっている症状です。日本人には傾向が強く、一説によれば8割の方が発症しているとも言われています。

また一昔前は畳などに直接座位をとる生活習慣が大きな原因と言われていましたが、胡坐をかく姿勢は特に影響します。最近はこれに対して運動不足が大きな原因です。

日本人に多いO脚の特性は、膝の下の脛骨が湾曲していることです。またこの場合は手技などの代替療法ではあまり効果は望めません。骨きり術をする場合もあります、特にバレエダンサーなどの職業に大きく響く例もあります。

また整体などの手技が有効なケースについては、骨格には問題がないケースですが、特に歩き方や立ち姿勢などを改善することが大切です。自然に直立した姿勢で鏡を覗いて、膝の皿が内側を向いている場合がこのタイプです。

整体ではまず身体の歪みを調べます。全身のバランスの歪み、また骨盤の歪みや、股関節のズレ、筋肉の状態をチェックして、O脚への影響を調べます。

また主には骨盤の歪みが重要なポイントです。膝を無理やりにくっつけるようなことはせず、徐々に全身のバランスを整えていく施術です。

そして整体を受けた後はストレッチや筋力トレーニングが大切です。整体での手技だけではそう簡単に矯正することはできません。またO脚用のトレーニングにはスタイルアップやヒップアップなどの美容効果も望めます。

仰向けに横になった状態での骨盤エクササイズや、立位でも同様のエクササイズが多く用いられています。

また歩行矯正も大切です。有効であれば足底板などのインソールを常用することもあります。日常生活のあらゆる改善点を知るためには、できるだけ詳細に問診を行うことも必要です。

歩くことは毎日用います、また歩く姿勢が悪いとどうしても逆戻りしてしまいますので、歩き方の矯正はまず絶対的な条件です。膝関節症などの重い病気になって手術が避けられない、というようなやっかいな状況を回避するためにも大切です。