リウマチを治す会 » 両親のために行う

両親のために行う

今よく耳にするリノベーション。そんなリノベーションをきっかけに、二世帯住宅にしてしまおうと考えられる方々もいらっしゃいます。

同居など世帯の変化に伴いリノベーションする方々は少なくありません。その際、二世帯住宅に再生する事はできないか?と思われる方もいらっしゃいます。

今回は、そんなリノベーション二世帯住宅を考えてみました。二世帯住宅を、リフォームというと少し特別というか、特殊な工事になるのではないかと思われるがちです。

しかし、ご両親の高齢化に伴いリフォームを検討される方は3割程いらっしゃいますし、他にも経済的理由で両親と同居を検討されたり、きっかけは様々ですが、少なからずあるわけです。

誰のためにリノベーションをするのかを考えていくと、自然と理由が明確となってきて、二世帯住宅という選択肢がリノベーションの際もでてくるわけなのです。

リノベーションの方向性が決まったら「リノベーション費用を無料で比較検討できる~見積比較ナビ~全国対応」などの情報サイトでより詳細な情報を探してみましょう。二世帯住宅には、三つのタイプがあります。

まず、共有スペースは作らず、玄関からすべて別々の居住空間をつくりだし、お互いのプライベートを尊重した、完全分離型のタイプ。次に、基本的には分離しているんですが、水回りやリビング、玄関など一部スペースを共有している一部共有型のタイプ。

最後に、寝室などのプライベートルーム以外は全て共有している完全共有型のタイプです。二世帯住宅は、共有スペースが多いほど費用は安くなっていきます。

しかし大体お互いの世帯がある程度だしあってリフォームする場合が多いようなので、費用面ではしやすいといえるのではないでしょうか?

しかし、通常のリノベーションをする時でも打ち合わせやプランは最も重要な部分とされています。ですか、二世帯ともなればたくさんの意見や要望をまとめ取り入れていかなければなりません。

そんな時は、やはりまず最初に思ったリノベーションを誰のために、何のために行うのか?そして、二世帯住宅をどのようにするのがお互い快適な居住空間をつくりだせるのか?につきると思いました。

じっくり話し合い、リノベーションを二世帯住宅にもどんどん活用していければ良いと思いました。