リウマチを治す会 » すべり症の予防

すべり症の予防

成長期におけるスポーツ障害として発生することが多いとされるすべり症ですが、その予防を考えた場合、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。

人によっては、その痛み、違和感にまったく気付かないこともあるすべり症ですが、特にスポーツを行なっている場合には、多少の傷みでも気になるのではないでしょうか。

すべり症は成長期に多く発生するとされ、そのまま発見が遅れると、「気付かずに、徐々に症状が進行していた」ということにもなりえます。そのため、発症してからの対処ではなく、まだ発症していないうちに予防を行うことが大切なのです。

すべり症をスポーツ障害として考えた場合、トレーニングや試合による身体のオーバーユースが原因として考えられます。

こういった場合には、練習のスケジュールを組み立てるときに、適度な休日を作っていくことが、最も効果的な予防策となります。スポーツが原因となってのすべり症を発症しやすい年齢層とされる小学校中学年から中学校のうちは、親御さんも注意が必要となってくるでしょう。

また、発症してしまった場合にも、すべり症に至らず、腰椎分離症でおさまっている可能性もありますから、早期発見に務めるのも、重要です。そのため、腰椎分離症と診断されてからは特にすべり症への注意、予防が大切となります。

すべり症に対する治療としては、主として保存療法が用いられ、コルセットを装着しての治療が一般的です。すべり症の治療においては、最初のうちには安静が望まれますので、コルセットの装着期間はスポーツ(仕事など)を制限または休止しながら、じっくり治療に行うことが重要となるでしょう。

また、保存療法を適用することが難しい、症状が重いケースにおいては、手術による治療も選択肢として存在します。こちらでは、負担軽減のために、内視鏡を用いての手法が一般的になってきています。