リウマチを治す会 » 整形外科と腰椎椎間板ヘルニア

整形外科と腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアで行われる整形外科の手術のいくつかを紹介します。

●椎弓切除術

脊柱管内の神経に対する圧迫を取り除く手術で、脊柱管後壁の椎弓を大きく切除して硬膜や神経根に対する障害を取り除きます。腰椎椎間板ヘルニアの中でも、腫瘍や炎症で、どうしても病巣を取り除かなければならないときにのみ行います。

ラブ開窓術が部分椎弓切除術と呼ばれるのに対して、全椎弓切除術と呼びます。最近では、若い人に対しては一度椎弓部を切り離して腰椎椎間板ヘルニアの病巣を取り除いたのちに、再び元に戻す方法や、金属プレートを開いての再建手術の追加などを行います。これは脊椎の後方部分を大きく削ったあとに起こる脊椎の不安定性に対応するためです。

●脊椎固定術

脊椎固定術は、脊椎の不安定な箇所に腸骨などからの骨を移植し、脊椎が動かないようにするものです。この固定術の際、単に骨を移植するだけでなく、金属プレートなどによる補強手術が行われるようになりました。

これは固定効果を確実にし、移植した骨がずれたりするのを防ぐとともに、術後の安静臥床期間を短縮し、ギプスなどによる外固定が不要になるなどの多くの利点をもっているためです。

また、固定に用いる移植骨は、通常手術部位近くの骨盤から採取しますが、最近ではいろいろな人工骨を用いることが可能です。

腰椎椎間板ヘルニアの手術時間の短縮、さらに移植骨採取部位の痛みがないなど、多くの利点が得られるようになりました。問題は経費が高価となることですが、適応さえ慎重に選べば大きなメリットになるものと思います。

●マイクロ手術

最近の腰椎椎間板ヘルニア手術では、このラブ開窓術も顕微鏡視下で行われるようになりました。手術で切る部分が小さくてすみ、顕微鏡で行うため出血量も少なく、神経や脊髄に対してもより安全な手術ができます。

また、腰部の筋肉損傷も少ないので、術後のリハビリも楽です。現在では、ほとんどこのマイクロ手術で摘出術を行っています。