リウマチを治す会 » 頚椎ヘルニアと牽引

頚椎ヘルニアと牽引

頸椎ヘルニアの治療法、保存療法の1つとして、牽引があります。これは、簡単に言ってしまえば、ひっぱることです。

つまり、頚椎の周辺の筋肉を伸ばし、また緩める、という動作を交互に行います。これによって神経の圧迫が減るかどうか、については疑問に思う方も多くいらっしゃいますが、この方法によって頚椎ヘルニアの改善に高い効果を得ることができたという方は決して少なくありません。

もちろん効果がほとんどないという場合もありますが、回数が少ないことも考えられます。またこの方法を多数用いるために入院すると言うケースもあります。

神経圧迫が除去されれば、もちろん頚椎ヘルニアの痛みも痺れも無くなります。では牽引はどのようにするのでしょう?

いきなりレスリングのように頭と足を持たれて引っ張られるのでしょうか? そうではありません、まず専用の器具が必要です。

天井からベルトを下ろし、その中に頸部を乗せます。その後力を調整しながら引っ張る、そして緩める、という2つの動作を繰りかえすのです。

ここまでの説明では、かなり単純だな、と感じる方はやはり少なくありません。しかし、単に筋肉が伸ばされ、そして緩む、というようなストレッチの効果だけではなく、ヘルニア自体の形が変わり、神経圧迫が見事に解消される可能性もある、ということを知らなければなりません。

整形外科でもこの方法は用いられます。また頚椎ヘルニアでは首の神経や液の通る道を狭くしてしまうといわれる場合もありますが、首の細い方はやはりあまり効果は望めません。

今ではたくさんの方法があると言われていますので、やはり受けてみて損はない、とも言えます。

この治療は患者の様子、痛みの変位を見ながら行われます。つまり気持ちがよければ効果は見込めますが、痛みが大きくなったり、その他にも不快な症状が出てしまうという場合は中止されなければなりません。

一般に頚椎ヘルニアの場合は、引っ張られるときに気持ちがよくなります。しかしずっと引っ張っているのは危険です。ですので家でも牽引を、というのは厳禁と言えます。