リウマチを治す会 » 頚椎ヘルニアと食生活

頚椎ヘルニアと食生活

規則正しい生活習慣を心がけることで慢性的な頚椎ヘルニアの発症を予防することが出来ます、その中でも普段から取り掛かりやすいのは食生活の改善でしょう。

現代人は昔と比べ他国からなどの食文化が増えたため脂肪分が多く摂取され、体内に必要とされる栄養素をバランスよく摂取できていないとされています。

それらの理由の一つとしてはやはりファーストフードなどの高カロリーな食事が日本中に広がり一般化したことに原因があるでしょう。食生活で必要とされるのはバランスよく栄養素を摂取するということです。

野菜不足や魚不足など、以前の日本では考えられなかったことが近年では非常に多くなってしまい、若年者の日本食離れなどが問題視されている程です。

野菜や魚を摂取しないことで機能維持や体内を構成する物質を作るための栄養であるビタミンや鉄分、カリウムやミネラル、食物繊維など数え切れないほどの栄養が含まれている野菜や魚を摂取することにより、体を内側から強くすることができます。

現代人はどうしても脂肪分の多い食事や栄養バランスが乱れた食事を繰り返してしまいますが、そうすることにより肥満へと繋がり、首だけではなく腰などにもかかる負担が増し頚椎ヘルニアだけでなく複数の症状を併発することもあり得ます。

また、過度な飲酒も体内機能を低下させる原因となり肥満や栄養不足に繋がり、頚椎ヘルニアなどの病の発症にも繋がります。これらを防ぐには普段から食生活に気を使うことです。

日頃からこういったことに気を使うことで自ずと頚椎ヘルニアの予防にもなり、体調管理にもなるため頚椎ヘルニアのみならず他の病気の予防にも結果として繋がっていきます。

頚椎ヘルニアを患った際には、体を温める効果がある生姜などの食材を使った料理や、野菜や魚を中心とした食生活を心掛けることで血流の流れが自然と良くなり、体内に吸収されやすい栄養素が体内機能を活性化させるので、痛みの緩和にも役立ちます。