リウマチを治す会 » 健康と腸の関係性について

健康と腸の関係性について

健康な方の腸には、約数百種類以上の細菌がバランスよく住みついていると言われます。これらはまた、免疫やエネルギー代謝などの体全体の働きを微妙に調節しているということが分かっています。

腸に悪玉菌が増えれば、それだけ便秘や肥満、肌荒れなどの健康を害する症状の原因となりやすく、バランスを整えることはまた、ストレスの改善にもつながります。

この腸内のバランスをよくするための善玉菌の代表が、ビフィズス菌です。ビフィズス菌が増えればまず便通が改善しますが、加齢とともに減少していくため、少ないビフィズス菌を補給することが大切になってきます。

また、動物性脂肪を摂り過ぎると、大腸ガンになるリスクが高まります。世界でもっとも肉類を多く食べると言われているアメリカ人に多いガンは大腸ガンです。日本人の約3倍を摂取すると言われますが、最近はこの差は徐々に狭まってきているそうです。

動物性脂肪が多い食事をされている方の腸内には、悪玉菌の代表と言われるクロストリジウムが増え、アンモニアやインドールといった腐敗物を生成しやすくなり、一次胆汁酸を分解して内臓に障害を与えてしまう二次胆汁酸を生産することも分かっています。

肉類を多く摂っても、その分野菜を多く摂れば問題は少なくなるとよく言われますが、日本人は野菜の摂取量が減ってきているといわれています。

特にご飯や魚、野菜を中心とした和食を摂る機会も減り、またほうれんそうやコマツナ、大根や人参など、大切な食物繊維が不足してくると、便通が悪化して大腸ガンの危険が増えます。

野菜をそのまま噛んで食べることに違和感を感じる方も多いようですが、野菜は嫌いではないという場合は、野菜スープや野菜ジュースがお勧めです。肉類の食事とのバランスのよい味付けをされているスープなども多く販売されています。

その他には、お腹のなかにある腸を支えている筋肉を鍛えることも大切です。この筋肉を鍛えると大腸の排便機能も高まりますので、一日に一度はウオーキングするなど、最低限の運動は不可欠です。