リウマチを治す会 » 先天性脊柱管狭窄症

先天性脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症には先天性のものもあると言われています。ですから、先天性のものであれば、遺伝する事も考えられます。症状としては手足のしびれ、運動障害、筋力低下などが挙げられます。

また、重度の歩行障害をきたし、歩いては休み又歩いては休むの間欠跛行を繰り返します。そして排泄障害が現れる事もあります。また、軽い外部からの力(転倒や怪我)で症状が悪化する事もよくあるようです。

治療法は脊柱管狭窄症と同じような感じなのですが、一番大事なのは局部を安静にする事です。局部を安静にさせるために、頚椎や腰椎の持続牽引や、脊椎を固定する装具を付けます。

薬物療法もしますが、痛みが強い場合はブロック注射を行います。そういった保存療法が効かないときは最終的に手術を行います。

しかしながら、手術を行うタイミングを失ったり、分からなかったりすると手術を行っても十分な改善が見られないことが多くあります。いずれにしても、広範脊柱管狭窄症は脊柱管狭窄症に比べて、極めて深刻な病気である事に間違いではないようです。