リウマチを治す会 » 腰椎椎間板ヘルニアの保存療法とは?

腰椎椎間板ヘルニアの保存療法とは?

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法については、ごく軽度の椎間板ヘルニアの場合は、具体的な治療を行いませんが、安静にすることが求められます。

特に椎間板ヘルニアの痛みが出ない状態を維持しながら安静にすることで、多くの椎間板ヘルニアが次第に縮小することが認められています。またそれ以外の痛みがあって生活にも支障が出ることもあるような症状の治療方法は、保存療法です。保存療法とは、簡単に言えば手術をしない治療法です。

また、自然治癒の力を促して利用する治療法とも言えます。安静にすることもこの自然治癒を促しますが、まず痛みやしびれといった症状を抑えることをして、その後の効果を期待します。

コルセットや腰痛ベルトなどの装具、また薬物を使った方法、ブロック注射や理学療法などがあります。

コルセットは、主に剛性の強い支柱が埋め込まれているような硬めのものを装着して、腰部を固定し、腹筋や背筋のように背骨を支持させることで、腰への負担を軽減させます。

薬物を使う場合では、激しい痛みを抑えるために、鎮痛消炎剤や非ステロイド系抗炎症薬、筋弛緩剤やビタミンB剤、鎮静剤などを用います。また、継続して投与すれば胃腸障害の可能性もあるため、胃腸薬を併用する場合が多くあります。また激痛が大きい場合は座薬なども試行されます。

特に急性期の痛みに効果が大きく期待される療法が、ブロック注射です。神経に直接針を通し、局所麻酔薬などで痛みの伝達をブロックし、筋肉を改善し、血行による栄養の吸収を高めます。

硬膜外ブロックは外来で受けることができますが、神経根ブロックは二、三日の入院をしながら施術することになります。

急性期を過ぎた頃に用いられる代表的な方法が、理学療法です。腰椎の牽引は、体をうまく引っ張ったり、戻したりを短時間の間に繰り返すことで、患部が神経に触れることを削減していく方法です。椎間板ヘルニアの症状によっては入院をしながら24時間体勢で行われる場合もあるようです。