[PR]

リウマチに効果のあるマッサージ

リウマチという病気は関節や関節の周り、腱、骨、筋肉が弱ったり何らかの炎症を起こすことによって発症する病気です。リウマチを発症している患者さんの人数は70万人とも100万人ともいわれています。

年間に1万5千人ほどがリウマチを発症しているとも言われています。リウマチは痛みを伴い長い期間続く事もあるので大変つらい病気です。

リウマチを治す会では原因や治療法、効果のあるマッサージなどをご紹介しリウマチで悩んでいる方、困っている方の症状の改善に役立てればと思い情報を発信しています。また、他にも生活の中で為になる健康についての情報を発信しています。

ここではリウマチの痛みを軽減する効果のあるマッサージをご紹介します。まずは首からです。首の周りの筋肉をほぐす目的で行います。首から鎖骨、耳の裏、肩方向にも血流やリンパ腺を流すように行いましょう。

足をマッサージする場合は足のふくらはぎから心臓の方に向かってさするように行います。足首も優しく揉んでおきましょう。伸ばしたり縮めたりすることで靭帯や筋肉のこわばりや緊張をほぐす効果があります。

肘や膝などの関節部分も軽く揉みほぐした後に曲げ伸ばしを行いましょう。股関節も忘れずに行いましょう。

毎日少しずつでも効果のあるマッサージを行いストレッチや曲げ伸ばしを行い筋肉や腱の緊張をほぐす事が効果的です。そのままにしておくと体は動きにくくなり変形や悪化を早める事もあります。

軽く暖める感じで優しく揉んでいきましょう。強い痛みがある場合は病院を受診して適切な処置をしてもらいましょう。リンパの流れや血流を良くする事でリウマチの症状である腱や筋肉のこわばりを緩和する事を目的としてマッサージを行います。

マッサージをする時にはすべりが良くなるようにクリームやオイルを使用しましょう。鎮痛効果のあるアロマオイルを利用したり、消炎鎮痛効果のある医薬品用のクリームを利用するのも効果があります。

アロマオイルの種類でウィンターグリーンというツツジ科の植物から抽出した精油はリウマチや関節痛、関節炎、腰痛や肩こりなどの痛みを緩和する効果があります。アロマオイルを使用してすべりをよくして筋肉の周りをほぐすように行って下さい。

リウマチによって動きが悪くなっている体の部分の血流をよくするという目的で行うので強い力で行う必要はありません。また、体を揉みほぐし終わって数時間後に痛みが出る場合は力を入れ過ぎたり長い時間行い過ぎたという事です。

リウマチのマッサージは専門である整体院などにで施術してもらうとより効果が出ます。症状がひどく痛みがある方には訪問してくれる整体院や整体師も居ますから、訪問してもらい自宅で効果的な施術を受ける事も選択できます。

病院を受診して適切な治療を行いながら、自宅で出来る事を併用してリウマチの改善、悪化の予防をしましょう。体の保温、エクササイズ、血流をよくしてこわばりをほぐすなどを根気よく続けて行きましょう。リウマチは体のこわばりをなるべくほぐす事も大切です。

こわばりを放っておくと関節がうごかなくなったり、間接の変形などの症状へと発展していきます。そうなる前にエクササイズなども取り入れて少しでもリウマチの症状の改善に役立てましょう。

リウマチは冷やすと痛みの症状が強くなります。季節の変わり目や朝晩の気温差、夏場のクーラーなど気温に気をつける事も痛みの軽減に繋がります。近年、リウマチの治療の研究は進化をし続け、数十年前よりも治療法が格段に進み、リウマチも治せる病気になってきました。

またリウマチは年輩の人がかかる病気だと思いがちですが、20代、30代の若い人が発症する事もあります。子供のリウマチもあるのです。最初は軽い症状で朝、起きたら手の関節が動かしにくいなどの見逃してしまいがちな症状から始まる事もあります。

なるべく早い段階での発見が完治への近道にもなります。痛みを伴う辛いリウマチですが、専門医の意見や治療、自分で出来る改善などと合わせて完治、緩和を目指しましょう。


お薦めサイト一覧

ブロック注射情報ナビをご紹介しています。

五十肩治療の専門サイトをご紹介しています。

変形性膝関節症でお困りなら中川式変形性膝関節症治療方法。

腰椎椎間板ヘルニアの専門サイトをご紹介。

脊柱管狭窄症の専門サイトをご紹介。

新着情報

 2017年05月01日:脳卒中のリスクの増大について
 2017年03月24日:バランスのよい食生活で健康と美容に貢献
 2017年01月30日:TOP